端午の節句

端午の節句の「五月人形」

30日間返品交換無料10年間品質保証付きで安心のネット通信販売です。

端午の節句は、健やかなお子様の成長を願い
経済産業大臣指定、伝統的工芸品の真多呂人形

五月人形の由来

五月人形

人形豆知識

奈良時代に始まった、端午の節句。

 

平安時代に貴族の行事として定着した理由は、病気や災厄から身を守る言い伝えが広く流れたからです。

 

この中国伝来の「端午」という呼称と、ちまきを食べる中国の風習が、平安時代の貴族の間に取り入れ、時の経過とともに、しだいに民間の行事にと育っていったのです。

日本で独自の変化

五月人形

江戸時代になってから日本独自に変化した端午の節句。

 

三月のひな節句(雛祭り)に対し、男の節句とされ、男の子らしい鯉のぼりや勇ましい武者人形が飾られるようになったのは、菖蒲が「尚武」と音が通じるためです。

 

日本独特の鯉のぼりを立て、武者人形を飾る習慣は、中国にはありません。

 

いつの時代も、親の心は、男の子の成長を強くたくましくと願うものです。

真多呂人形の五月人形

5月5日は端午の節句。

 

お子様、お孫さんへ真多呂人形の五月人形を。

 

木目込み人形唯一の正統伝承者として上賀茂神社の認定を受けて、尚武の気風をふくいくと伝える真多呂人形の五月人形ならではの豊かな表情や綿密な衣装。

 

工芸品としての美しさを合わせ持った加藤一冑の兜飾りで、お子様の節句をお祝いくださるよう、経済産業大臣指定「伝統的工芸品」260年の伝統技法を真多呂人形からお届けします。

端午の節句の五月人形「真多呂人形」